1. ホーム
  2. カーシェアリング業者
  3. ≫カレコ・カーシェアリングクラブ

カレコ・カーシェアリングクラブ

careco

カレコクラブの沿革について

「カレコ・カーシェアリングクラブ」(以下「カレコクラブ」といいます。)は三井物産の100%子会社「カーシェアリング・ジャパン」社が提供するカーシェアリングサービスのブランド名です。

「カーシェアリング・ジャパン」社は2008年に三井物産の完全子会社として設立されました。「カーシェアリング・ジャパン」社は、「カレコ・クラブ」のブランドの下、主に首都圏を中心にしてカーシェアリング事業を展開していきました。

ステーション数は首都圏を中心として2011年には400箇所です。車両台数はその時点で400台程度です。なお、ステーション数は、2014年12月末で800箇所にまで急速に倍増しています。

携帯電話認証システムと10分単位の利用時間などが特色

「カレコクラブ」の特色としてICカード不要の携帯電話認証システムを採用していることがあげられます。このシステムは、会員が保有している携帯電話を登録することにより、その携帯電話をカーシェアリングの車の貸出た返却の際の認証カードとして利用するというものです。また、「iPhone」にも対応可能です。

また、「カレコクラブ」の車の利用単位は10分単位となっており、大半のカーシェアリング会社が15分単位となっているなかで、最も短い時間単位となっています。ですから、ちょっと買い物などといった場合には、一番手軽に利用できます。

また、6時間までは距離料金が無料で、10分130円となっています。1分あたりの単価は業界最安値です。時間単価が業界最安値だと、長時間の利用が割高になる心配がありますが、長時間の利用にはお得な割引パックが複数用意されているので、この点でも安心です。

カレコクラブの概要について

カレコクラブのステーション数は首都圏で800ヶ所です。入会にかかる日数は最短で3日程度です。インターネットからの入会も可能です。入会費用は1,500円ですが、現在はキャンペーンを実施中につき無料です。

月額基本料金は980円です。ただし、こちらも現在はキャンペーン実施中につき2か月間無料です。なお、学生についてはキャンペーンに関係なく無料とされています。月額料金は、その月に車を使用した場合に発生する利用料金に全額充当されます。

利用料金は原則時間料金のみです。時間料金は10分間あたり130円です。なお、車の利用時間が6時間を超える場合には、15円/1㎞の時間料金が加算されます。6時間を超える利用は料金が割高になりますから、料金パックを利用します。

カーシェアリング料金の計算例

例えば、カーシェアリングの会員となり、初めて新宿お台場間を往復したとします。この場合の料金は、初期費用が入会金1,500円、基本料金が980円です。所要時間を60分としますと、時間料金は780円ですが、基本料金980円が充当されますから、1,500円+980円で2,480円となります。

2回目の利用の場合には、基本料金980円、時間料金が780円ですが、基本料金が時間料金に充当されるため、実際に発生する料金は980円です。基本料金の時間料金への充当があると、このように料金の削減が可能です。

なお、現在は入会金と2か月分の基本料金の無料キャンペーンを実施中であります。このキャンペーンを利用した場合には、初回の新宿お台場間のドライブの経費は780円、2回目のドライブの経費は980円となります。初回のドライブの費用が大幅に削減されます。

お得な長時間利用の割引パック

さらに、「カレコクラブ」には便利な料金パックが用意されています。例えば、6時間パックが3,800円、12時間パックが5,300円、24時間パックが6,800円、18時から翌9時までの夜間パックが2,500円です。こちらの料金体系ですと、車で往復の利用の際にはレンタカーに十分に対抗できます。

なお、長時間利用の割引パックには6時間を超えない場合には、距離料金は発生しません。しかし、6時間を超える場合には、1㎞あたり15円の距離料金が発生します。12時間パックや夜間パックを利用する場合には、走行距離も計算に入れる必要があります。


カレコへのご入会はこちら